ベジセーフが食中毒菌に強い理由

2017.07.06 Thursday
0

    野菜や果物から食中毒菌などを除菌してくれるベジセーフは
    99.9%が純水のアルカリイオン水素水ですが、


    この水素イオン濃度PHの中では
    微生物は生育できず、30秒で死滅するため
    o-157サルモネラ菌や大腸菌からガードできるというわけです。

     

    また、農薬や有害物質に対しては
    イオンの力で浸透することにより

    マイナスイオン同士の反発力を利用することで
    素早く汚れを落とすんですね。


    さて、ここで気になるのがアルカリ性のもととなる成分ですが、
    ベジセーフに使用されているのは炭酸カリウム。

     

    豆腐やこんにゃく、麺の冠水に普通に使用されている
    指定食品添加物で、小さい子供が触っても安全なんです。


    だからこそ、自信を持って安全な野菜洗いの専用水という名称がついているんですね。

     

     

    ⇒ベジセーフについての詳細はこちらです。

     

    【合わせて読みたい!】

    ベジセーフの危険性の真実とは?